福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2020年9月18日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com

新着トピックス

 


  ↓facebookはコチラ


このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。 | 福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

下肢静脈瘤ってどんな病気?

足の血管がこぶのように膨らむ「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」について聞きました。
 

Q:静脈瘤は、よくある病気だと聞いていますが…。

 A: 下肢静脈瘤の発症は10人に1人ともいわれています。特に30歳過ぎの女性では60%以上、男性でも50歳を過ぎると50%と非常に高い発生率です。
 

Q:どんな症状があるのですか。

 A: 足がだるい、重い、つる(夜間のこむら返り)、むくむ、かゆい、痛い、皮膚に変化があるなど、さまざまです。
 

Q:年齢や職業、遺伝や体質などとの関係はありますか。また、悪性の病気になることはありますか。

 
 A: 女性は妊娠を契機として、男性は立ち仕事がきっかけで静脈瘤になる人が多く、職業的な要素もあります。発病は、ほとんどが20歳代後半以降です。
 放っておくと皮膚の色素沈着、難治性の下腿潰瘍(かたいかいよう)になることもあります。体質は遺伝しやすいとされています。がんなどの病気になることはまずありません。
 

Q:命にかかわることはありますか。

 A: 非常にまれですが、肺血栓塞栓(そくせん)症を合併したり、静脈瘤が破裂すると多量に出血し、命にかかわることもあります。
 

Q:初期の段階で、日常生活ですべきことはありますか。

 A: 弾性ストッキングを着用し静脈が腫れないように圧迫したり、立ち仕事の途中で横になって足を高くしたり、足踏みなどの運動を心がけることは効果的です。
山本裕(ゆたか)先生
 
【この記事の問い合わせ】
山本醫院 福山市引野町北2-8-28
TEL:084(943)2777

※このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。
(「リビングふくやま」2020年9月11日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WATARI Developed : Netprompt